読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島で風邪をひいたら、トラックアンギン(Tolak Angin)

6月も後半に入り、バリ島もすっかり乾季です。
乾季に入ると、青空の日も増えるのですが、涼しい風が吹いて気持いい日が続くんですよ。
もちろん、直射日光の下はお肌がじりじり焼けてきますが、一歩木陰などに入ると、爽やか〜な風が吹き、気持いいんです。まさに、観光日和です。


でも、私の住むウブドは、涼しいを通り越して、寒いのです。
日中、太陽が出ているときはいいんですが、曇りの日や朝晩は、長袖のジャージなんか着なければ、ブルブルです。


さらに、先日の土曜日の夜から雨が続き、今日仕事をしていたら、なんか喉が痛くなってきました。


はっ・・・風邪???


こんな時、バリ島にはつよ〜い、味方があるんです。
それがこちら〜



トラックアンギン(Tolak Angin)
インドネシアの漢方薬ジャムウの一種で、風邪薬です。


このジャムウは生姜やハーブなど自然の薬草が原料。
しかも、効果は抜群で、
「あ、風邪ひきそう・・・」って思った時に飲むといいんです。


で、このトラックアンギンの飲み方なんですが、社内で意見が分かれました。
私や日本人スタッフの人は


「コップに入れて、水やぬるま湯で薄めて飲む」


のですが、バリ島滞在10年を超すマネージャーやバリ人スタッフは


「そのまま飲む」


って言うんです。


今回、オフィスで飲んだのですが、薄めるお水やお湯がなかったので、「えいっ」とばかりに、そのまま袋から飲んでみました。


もともと、ハチミツが入っているので、甘くて飲みやすいジャムウですから、そのまま飲んでも辛いって事はなかったのです。
逆に、生姜やミント(みたいな)味もして、なんか良く効きそうな気持がしました。


しばらくしたら、喉の痛みも和らいできたような・・・


これから、トラックアンギンは直飲みが、いいかもしれませんね。


でも、こうやって、現地人化していくんですね・・・・