バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島旅行でバリ腹を防ぐ5つのポイント

バリ島を観光された日本人観光客のお話や口コミで時々「バリ腹になっちゃった」と聞きます。
バリ腹とは、バリ島旅行をするとなぜか、お腹を壊してしまう・下痢をしてしまうことで、食事や水に注意しても、このバリ腹になってしまう人がいます。


このバリ腹の原因、不衛生な食事や生水だけが原因と考えている人もいるんじゃないでしょうか?


でも


「綺麗なレストランやホテルでしか食事していないのに、お腹を壊した」


とか

「歯磨きもミネラル水を使ったのに・・・」


なんて事もあります。
実は、バリ腹は食事や水だけが原因ではないのですよ。



そこで、今回はバリ島旅行でバリ腹にならないための5つのポイントを紹介します。ただし、人の体は千差万別。ここで紹介したことだけ守れば絶対お腹を壊さない、って事ではないので、ご注意くださいね。


1.不衛生な食事、生水は避ける
ガイドブックや旅行会社の注意にもありますように、不衛生な食事には注意しましょう。
外国人旅行者が訪れるレストランは、衛生管理もされているので安心ですが、ナイトマーケットや市場に出ている屋台の中には、衛生管理が不十分な所もありますので、心配な方はそういう場所での食事は避けましょう。


また、バリ島の水は硬水です。カルシュウム分が大変多いので、そのまま飲むとお腹を壊してしまいます。
飲み水は「アクア」という、ミネラルウォーターがいたるところで売られていますから、それを飲むようにしましょう。


よくガイドブックに「生水を凍らせた氷もあるから注意」と書いてありますが、外国人が立ち入るレストランやホテルでは、そんなことはありません。
前述の屋台などを避け、外国人が多いレストランならば、心配することはありません。


生水に関係することですが「食材や食器も生水で洗っているので、生野菜などを取るのは控えましょう」と、言っているガイドブックもありますが、外国人の行くレストランでは、衛生管理もしっかりしていますから、そこまで気を使う必要はありませんよ。



2.なれない香辛料に注意
日本ではあまり使わない香辛料やトウガラシがたっぷり入ったバリ料理、エスニックでおいしいのですが、この香辛料にも注意が必要です。
普段取りなれない香辛料により、胃や腸の調子を崩す方も多いのですが、一番気をつけたいのがトウガラシ。バリ島の言葉でチャベと言います。
チャベがたっぷり入った、から〜い食事は、バリ島生活経験が長い在住者でもお腹を壊すことがあります。


外国人向けのレストランなら、チャベの量を少なめにしてくれますが、インドネシア人向けレストランなどでは、かなりたっぷり入っていますから、ガイドさんやウエイターさんに「あまり辛くしないで」って、お願いしておきましょう。



3.料理の油・豚の脂
常夏の島バリ島。食べ物も痛むのが早いです。そのため、バリ島の料理には、揚げたり、炒めたりする料理が多いのです。
しかも、た〜っぷりの油を使っているのです。
普段、油少なめの食生活を送っている日本人には、この油でお腹の調子を壊してしまう人がいます。
せっかくのバリ島。毎日、地元料理やエスニック料理を食べたいのですが、そこはぐっと我慢して、たまには日本料理など油が少ない食事もしましょう。


また、バリ島のごちそう、豚。バリ島では豚の事を「バビ」といいますが、バリ島のバビは日本の豚に比べて、野生に近いのでしょうか?脂が強いのです。
このバビの脂、ちょっと甘みがあっておいしいのですが、食べ過ぎると、お腹を壊す原因になります。
おいしいバビ料理、食べたい気持ちをぐっと抑えて、野菜料理や魚料理もバランスよく食べましょう。



4.体調不良
意外と気がつかないのが、疲れなどによる体調不良。
バリ島は日本と1時間しか時差がないので、時差ぼけという心配はないのですが、飛行機による長旅、結構体は疲れています。
さらに、南半球に位置しているバリ島は季節が日本と逆。真冬の日本から真夏のバリ島に来ると、気温差は30度以上です。
そして、ホテル、レストラン、スーパーなどは、必ず冷房完備。暑い屋外と涼しい屋内。出たり入ったりで体温調整も大変です。


飛行機による疲れ、遊び疲れ、観光疲れ、気温差による疲れ、こういうものが重なり体調不良、そして下痢となる方もいます。


「疲れてるな〜」
と感じたら、無理せず、の〜んびりと体を休めたり、ちょっとスパやマッサージに行くのもいいでしょう。
また、日本人観光客の皆様は、かなりのハードスケジュールでバリ島を回られています。そんなに、予定を詰め込まず、の〜んびりとバリ島を楽しんでください。



5.冷たい飲み物の取りすぎ
暑いバリ島。観光で歩きまわって、汗をかいた後のつめた〜い飲み物、おいしいですね。
でも、冷たい飲み物の飲みすぎ、注意してください。
日本でも、夏に冷たい飲み物ばかり飲むとお腹を壊すことがありますね。あまり冷たいものばかり飲むと、お腹の調子が悪くなります。


バリ島の人も、「冷たい水は体に悪い」と言っています。
キンキンに冷えたアクアではなく、常温のアクアを飲むように心がけましょう。
また、たまには暖かいコーヒーや紅茶もいいですよ。



バリ腹にならないための5つのポイントを紹介しましたが、いかがだったでしょう。
先ほども言いましたが、このポイントさえ守ればバリ腹にならないと、限ったわけではありませんが、少なくとも今回紹介したポイントを注意していただければ、バリ腹になる確率も少なくなると思います。


そして、神々の島バリ島をたっぷり楽しんでくださいね〜