読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

友達がベモに載ってやってきた

ウブドの日記

私の学生時代の友人M子ちゃんが、バリ島に遊びに来ました。


M子ちゃんは、10年くらい昔に一度だけバリ島に来たことがあるのだけど、その時はクタに泊まって、ウブドは通過しただけ。だから、今度はウブド滞在での〜〜んびりしたい、っていうんで私の下宿の近くの安宿を紹介してあげました。


M子ちゃんは、エアアジアで羽田からマレーシア経由でデンパサールについて、まずはデンパサールの安宿に泊まったそうです。そこから、「ウブドまで、ベモで行くね〜」


ベ・ベモですか・・・


確かにベモは安いし、デンパサールからウブドまでも路線があるけど、途中バトゥブランで乗り換えなくっちゃいけないし、クーラーなんて効いていないし、外国人だと運賃を高くされるし、時間も読めないし・・・


心配だなぁ〜


心配だなぁ〜


心配だなぁ〜


心配だなぁ〜


心配だなぁ〜


心配だなぁ〜


でも、私の心配を他所にM子ちゃんは、無事ウブドに到着して、私が紹介した宿に入りました。
早速、到着した夜、近くのワルンでご飯を食べながら、べモノコトを聞いてみました。


「ベモ、すぐわかった?」
「う〜んとねぇ、デンパサールの宿の男の子が、ベモに乗るまで案内してくれたァ」
「ぼられなかった???」
「案内してくれた子が『バトゥブランまでは5,000Rpでいいからね』って言ってたんで、5,000Rpだけ渡してきたァ」
「バトゥブランで次のベモわかった?」
「ベモの運転手が『ウブドまでならRp50,000だ』って言ったから『そんなに高くないでしょ!Rp5,000で行ってよ!』っていったら『Rp5,000は勘弁してくれ、Rp10,000で』って」
「ところで、言葉は大丈夫だったの?」
「うん、日本語と英語ではなした。でも『まは〜る(高い)』だけは、インドネシア語で言えたよ」


う〜〜〜ん、この女恐るべし・・・
そいえば、旅行が趣味でタイやラオスによく行くって言ってたな・・・
筋金入りのパッカー(バックパッカー)なんだ・・・


注意:海外旅行に慣れていない方は、高額な料金を請求されたりしますので、ベモへの乗車はオススメしません。