バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

今日は鉄の日

バリ島、今日はトゥンプッ・ランドゥッ(Tumpek Landep)と言われる、お祭りの日です。


この日は「鉄の日」とも呼ばれ、鉄で出来た品物にお供え物をし、神様に捧げます。
昔は、カマやクワなどの農耕具、クリスと呼ばれる短剣、鍋や釜などの台所用品などにお供え物をし、日頃の感謝をしていました。もちろん、今でも台所用品などにお供え物をしますが、それよりも大切なのが車やオートバイです。


私がいるオフィスでも、車やバイクにお供え物をしました。

もちろん、私たち日本人スタッフはできないので、ローカルスタッフのおばちゃんがしてくれましたよ〜


バリ島の宗教バリ・ヒンドゥー教では210日周期のウク暦という特殊な暦に沿って、このようなお祭りごとが行われます。
先日もサラスワティという学問の神様のお祭りがあって、本やパソコンにお供え物を捧げました。


他にも「お金の日」とか「果物の日」「稲の日」など、いろいろなお祭りの日があって、一年中お祭りをしているみたいです。


お祭りとなればいつもと違う供物(バンタン)を用意したり、特別な料理を作ったりしなくてはいけませんが、これらはほとんどが女性の仕事なんです。
男性は、お寺にお参りに行ったり、集まって世間話をしたりするばかり・・・本当にバリ島の女性って大変です。


バリ島には、バリの方と結婚されて、バリ島に暮らす外国人女性も沢山います。
そういう方は、このようなお祭りの時どうするのかと見ていると、お供え物を市場で買ってきたり、旦那さんのお母さんが用意したりしてやっていますが、中にはお姑さんに教わりながら、バリ人女性と同じようにお祭りをしている方もいらっしゃいます。
本当に、頭が下がります。


私には・・・無理だと思いますが・・・