読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島土産はスーパーマーケットで

バリ島に旅行に来たら、忘れていけないのが、おみやげ。おみやげはインドネシア語で「オレーオレ(Oleh-oleh)」といいます。


おみやげで意外と頭を悩ますのが、職場や友人に配る、いわゆる「バラマキ用おみやげ」
あまり高いものは買えないし、そうかと言って、せっかくバリ島に来たのだから、日本では手に入らない、珍しいものがいいですよね。


そんなバラマキ用おみやげの調達におすすめなのが、スーパーマーケットです。スーパーマーケットには、食料品や日用品がたくさん売られているのですが、その中には日本ではちょっとお目にかかれない物がたくさんあります。また、スーパーマーケットですから、価格も地元価格で、ちゃんと値札もあるから価格交渉も必要ない!すごく役立つところなんです。


では、そんなスーパーマーケットの商品の中から、おみやげに使えそうなものを数点ご紹介しましょう。


まずは、化粧品、シャンプーコーナーを覗いてみましょう。
バリ島美人の条件は黒くて長い髪、そして白い肌。黒い髪を守るためのヘアケア製品や、白い肌を作るスキンケア製品は、思った以上に充実しています。
最近人気なのは、ヘアビタミンというカプセルに入ったトリートメント・エッセンス。シャンプー後の濡れた髪に付けて、髪に栄養を与えるエッセンスです。
そして、ルルール。これは肌の角質を取り、お肌をツルツル、しっとりさせるスクラブです。
このような、ビューティーグッズがたくさん揃っていますから、観るだけでも楽しいですよ。


次に覗きたいのはお菓子コーナー。
「タンゴ」や「ティムタム」といった、日本ではお目にかかれないお菓子が沢山揃っています。
お土産に喜ばれるのが、チョコレート。バリ島の人は甘いモノが好きなんでしょうか?チョコレート、種類もたくさん揃っています。
それと、最近増えてきたのが日本のお菓子。おせんべいとか、スナックとかあるんですが、よ〜く見るとどこかおかしい。この日本のお菓子、中国とか台湾製なんです。だから、パッケージの日本語もなんかおかしく、味もちょっと日本生徒は違います。ウケ狙いのおみやげとしては、面白いと思います。


そして、忘れてはいけないのが、調味料のコーナー。
有名なのは「サンバル・ソース」と言われている、チリソース。サンバルは、本来は各家庭で作る調味料ですが、今ではスーパーで小型のボトルに入ったものも売られています。これもおみやげには、いいでしょう。唐揚げにこのサンバル・ソースをつけて食べると、単なる唐揚げがバリ風になってしまいます。
それと、「ブンブ」と呼ばれる料理の素。ナシゴレンの素やアヤムゴレンの素など、いろいろなバリ料理の素が売られています。袋の後ろには英語ですが使い方も載っているので、コレを買っていけば、日本でもバリ島料理が簡単にできてしまいます。



おみやげの調達に便利なスーパーマーケットですが、ここで、おすすめのスーパーマーケットをご紹介します。


まずは、クタのDFS(デューティーフリーショッパーズ)裏にあるハイパーマート。アクセスもしやすく、店内もきれいで商品も豊富です。フードコートも充実していますから、帰国前の最後のお買い物に最適ですね。


そして、クタのサンセットロードにあるカルフール。フランス資本のスーパーマーケットですが、こちらも品揃えが豊富でおすすめですよ。


ウブドエリアですと、デルタデワタかビンタンスーパーマーケットになります。クタエリアのハイパーマートやカルフールに比べるとちょっと小規模ですが、おみやげに使えそうな商品もしっかり揃っていますよ。


頭を悩ませるおみやげ選びですが、スーパーマーケットを活用して、お得に、喜ばれるおみやげを探しましょうね。