読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島のお天気

バリ島旅行、やっぱり気になるのはお天気ですよね。
今日は、バリ島のお天気と気候についてお話しします。


みなさんご承知のとおり、バリ島は南半球にあります。つまり夏と冬が日本とは逆になっております。とはいっても、南国バリ島、一年を通じて25度〜30度と気温は安定しています。


バリ島の気候で一番の特徴は雨季と乾季があることです。
大まかに言って、4月から9月が乾季、10月から3月が雨季になります。


乾季の間は、雨が少なく、湿気も少なく大変爽やかな気候です。日中はほとんど晴れの日が多く、厳しい南国の太陽が照りつけ、あっという間に日焼けしてしまいそうです。
しかし、一度木陰に入ると、大変涼しく汗もあっという間に引いてしまいます。観光やスポーツをするのに大変良い季節です。


また、日が落ちると気温も下がり、長袖のカーディガンなどが欲しくなります。南国バリだから、長袖は要らないだろう・・・と思われる方もたくさんいますが、薄手の物でいいので、必ずお持ちになられるよう、お願いいたします。



さて、それに対して雨季ですが、雨が多いです。
日本のみなさんは、梅雨と同じかと思われますが、一日中雨ということはまれです。
だいたい、朝方は良い天気で、昼頃から雲が広がり、夕方にかけて、夕立のような雷雨があり、夜は曇か晴れという天気です。
ただし、大変蒸し暑いのです。湿気も多くジメジメしています。特に南部エリアは海から湿気をたっぷり含んだ風が吹きつけるので、より一層むしむし感じるでしょう。


ただし、夕方雨が降ると気温は急に下がり、大変過ごしやすい気温となります。
特にウブドなど山間部ですと、雨が降ると肌寒い陽気で、長袖の服が欲しくなります。


雨季は蒸し暑く、夕方雷雨にも会うため、観光には不向きと思われがちですが、一日の大半は晴れか曇りですので、あまり観光に不向きというわけではありません。そして、雨季はフルーツが美味しくなる季節。雨季ならではの楽しみです。


乾季でも、雨季でも楽しめるのがバリ島の良いところなのです。