読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

バリ島内の移動

バリ島観光豆知識

ご承知の方も多いと思いますが、バリ島には鉄道はありません。また、路線バスも充分ではありません。
では、バリ島観光はどうやって移動するのか?
今回はバリ島内の移動方法について、説明します。


1)カーチャーター
一番確実で安心なのがカーチャーターです。
「カーチャーター」とは、ドライバー付きのレンタカー。つまり、自分専用の車とドライバーを一日とか半日借りてしまうのです。
「専用車カーチャーターって高いんじゃないの?」と、思われがちですが、バリ島の場合、車・ドライバー・ガソリン全て込みで、5,000円からあります。また、日本語ができるガイドさんを付けても、1,000円から2,000円アップくらいですから、初めてバリ島に来られる方や、いろんなところを回りたい方は、絶対カーチャーターがお得です。
以前はバリ島のカーチャーターというと、クーラーも効かない、ボロボロの車でしたが、最近は綺麗な車が多いので安心して利用できますね。
バリ島内には、カーチャーターを扱っている旅行会社がたくさんあり、日本語で予約や相談もできますから、言葉が不安な方は頼りになりますね。


2)タクシー利用
ちょっとレストランまで、とか、買い物先からホテルに戻るなど、短時間の移動ならタクシーがいいでしょう。スーパーやデパート、有名なレストランの近くには、タクシーがいるので、気軽に使えます。スパやレストラン、ショップなどでテクシーを呼んでもらうこともできます。
バリ島のタクシーは、日本と同じでメーター式ですが、中にはメーターを使わず、到着後法外な料金をふっかけてくる悪徳ドライバーもいますから、発車後メーターが動いているか注意してください。
また、タクシードライバーと交渉して、1日貸切をすることもできますが、日本語ができるドライバーはほとんどいませんし、意外と道を知らないドライバーも多く、コミッション(リベート)がもらえるお土産屋に連れていかれるなど、トラブルも多いので、タクシーの貸切はオススメできません。
なお、ウブドエリアにはメータータクシーはおらず、個人でやっている近距離トランスポートのみとなります。


3)ホテルタクシー
大きなホテルですと、ホテル内あるいは、専属のタクシーがあり、レセプションでお願いすると、すぐに呼んでもらえます。
ホテル専属ですので、レセプションで行き先に関して相談に乗ってもらえたりして便利ですし、トラブルも少なく、車も綺麗で快適ですが、料金が一般のメータータクシーより高いです。


4)シャトルバス
クタ〜サヌール〜ウブドなど、主要な街を結ぶ乗合観光バスがシャトルバスです。
大変リーズナブルですが、総じて車体は古く、クーラーがないバスもあります。椅子のクッションも悪く、路線によっては、かなり狭苦しいこともあります。
お客さんは大半が白人のバックパッカーで、ローカルの方はほとんど乗りません。
人気路線は満席になる事が多いので、前日までに予約することをオススメします。


5)ベモ
庶民の足と言われるのがこの乗合バス・ベモです。
小型1BOXカーで、近距離を走る乗合バスですが、個人営業なので、路線、スケジュール、料金ははっきり決まっていません。車体は、御世辞にも綺麗とは言えず、クーラーなど付いていません。
乗客はほとんどがローカルの方です。
外国人旅行者が乗ると高い料金を提示されるので、もし利用される場合は、地元の方に料金相場を聞いて、それに準じた料金を渡すようにしましょう。
貧乏旅行や話の種に乗るにはいいのですが、観光地巡りなどには使えません。


6)レンタカー・レンタバイク
街中には車やバイクを貸すお店がたくさんありますが、インドネシアで車を運転する場合は、インドネシアの免許が必要になります。日本の免許証や国際免許証は通用しません。
また、交通マナーは悪く、交通ルールも日本と違うことがありますので、レンタカーやレンタバイクを利用するのはオススメできません。自己判断と自己責任でどうぞ。


ざっくりと、バリ島内の交通手段を書きましたが、安全に確実に観光するのなら、少々高くてもカーチャーターを使うにが一番だと思います。