読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

綺麗な海が魅力のレンボガン島

「バリ島の綺麗な海でシュノーケリングした〜い!」


よく、お客様からこのようなリクエストを頂きます。


バリ島でシュノーケリングをするなら、定番はタンジュンブノア。バリ島の高級ホテルエリア・ヌサドゥアのすぐ隣りのビーチで、シュノーケル以外にもバナナボートやジェットスキーなどマリンスポーツのメッカです。
ここなら、海も穏やかで、アクセスも良く、簡単、お手軽にシュノーケリングを楽しめます。


たくさんのお客様がシュノーケリングを楽しまれる、タンジュンブノアですが、やはり観光客も多く、また街に近いので、海水の透明度となると・・・
といっても、日本の海とは比べものにならないくらい綺麗で熱帯の魚もたくさんいます。


しかし、もっと綺麗な海で!サンゴ礁もたくさんある海で!シュノーケリングをしたい!という、あなた!


そんな方にオススメしたいのが「レンボガン島」なのです。


レンボガン島は、サヌールビーチの東20kmの所にある島。ここには・レンボガン島・チュニンガン島・ペニーダ島(ヌサ・ペニーダ)と3つの島があり、レンボガン島はバリ島に一番近い島です。


レンボガン島は、本当に小さい島ですが、自然がたっぷり。海の透明度はピカイチで、サンゴ礁や熱帯魚も多く、ビーチにはマングローブの森が広がっています。島民は3000名程度で、半農半漁の暮らしをしており、車も軽トラくらいしかない、のどかで素朴な島なのです。また、島内には大きなホテルはなくロスメンと呼ばれる民宿が数件とビラがあるだけです。


この島の海がきれいなのは、海流のおかげ。バリ島とレンボガン島の間には早い流れの海流があり、そのおかげで、レンボガン島の周りの海はいつも透明度が高く、魚もたくさんいるのです。


そんなレンボガン島でシュノーケリングを楽しむには?
バリ島からレンボガン島に渡るには、船が必要。エンジンを2基、3基付けた高速艇で40分かかります。
また、周囲は流れの早い潮があるので、海をよく知ったガイドさんがいないと、危険。
自分たちだけで、船をチャーターして、シュノーケリングするのは、大変危険です。


そこで、今回は2つのツアーを紹介します。


まずは「レンボガン島Deマングローブ&シュノーケリングツアー
こちらは、レンボガン島のマングローブの森ときれいな海を一気に楽しんでしまおうというエコツアー。地球温暖化対策の切り札と言われるマングローブの森で、不思議な植物マングローブの秘密を探検した後、綺麗なレンボガン島の海でシュノーケリングを満喫しようというツアーです。
ツアーガイドは日本語ペラペラのローカル・ガイド。ガイドさんも面白いし、為にもなるツアーです。


次に紹介するのは「バリハイ・レンボガン島クルージングツアー
クルージング・ツアーではすっかりおなじみのバリハイ・クルーズがお届けする、レンボガン島ツアーです。
このツアーには

  • レンボガン島のプライベートビーチでまったりする「ビーチクラブ」
  • レンボガン島沖に浮かんだポントゥーンでマリンスポーツを楽しむ「リーフクラブ」
  • 優雅な帆船アリストキャット号で行く「セイリング・クルーズ」

と、3つのコースがあり、子供から大人まで、レンボガン島の魅力をたっぷり楽しめるのです。


こんなに素敵なレンボガン島、ぜひスケジュールに余裕があれば、訪ねてみてください。