読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

体を動かしてバリ島観光〜サイクリング

バリ島アクティビティ

バリ島観光と言ったら、チャーターした車やバスでバリ島の観光地巡り。
そんな観光もいいですが、じっくりとバリ島の自然や文化を見て回るバリ島観光、やってみませんか?


「本当のバリ島をじっくり観光したい!」
「ありきたりの観光ツアーじゃあ、満足しない!」
って方にお勧めなのが、サイクリングなのです。
マウンテンタイプの自転車を使って、バリ島をサイクリング。風景の奇麗なところや、田舎のお寺など、車を使った観光では見過ごしてしまいそうなポイントを見て回ることができます。


でも、自転車疲れそうだな・・・
たしかに、アップダウンがあるとサイクリング疲れますね!
しかし、今日紹介する「キンタマーニサイクリング」は、疲れ知らずのらくらくサイクリングなのです。


らくらくサイクリングの理由は・・・
スタートポイントが標高1500mのキンタマーニ高原。ここからゴールのウブドまでの約25Km、ほとんど下り坂なのです。スタートのとき、2〜3回ペダルをこげば、あとは勝手に進んでいくだけ〜!楽ち〜んなのですよ〜。


キンタマーニサイクリング、簡単にコースを説明します。
まず、朝、車でキンタマーニ高原に移動。高原では、美しいバトゥール山を見ながらコーヒーや紅茶で一息入れます。クッキーなど簡単な食べ物もあります。


トイレなど準備ができたら、スタートポイントまで車で移動。ヘルメット、グローブを装着し自転車のサドルの高さを調整したり、アクア(ミネラルウォーター)のボトルを自転車にセットしたら、車の交通量が少ない道を選んでスタートです。
最初は標高の高いエリアを走りますから、風もちょっと冷たくヒヤッとします。このエリアには水田はなく、ほとんどが果実園。日本ではお目にかかれないコーヒーやココアの実もなっています。


途中、農家の家や村のお寺などを見学しながら、下っていきます。本当に、下り坂ばかりですから、ほとんどペダルをこぐことはありません。時々、車を避けてダート道を行くこともありますが、走りやすい道を選んでいきますから、大丈夫です。


さらに下ってくると、家並みも増え、田んぼも増えてきます。美しい田んぼが広がるエリアで小休止。水分補給と記念写真を撮ります。もちろん、立派な村のお寺や集会所も見学させてもらいます。
田舎道では地元の小学生に出会うことも。人懐っこい子どもたちは、外国人を見掛けると「ハロー」って手を振ってくれます。こっちも「ハロー」って大きな声で返しましょう!


楽しかったサイクリングもおよそ2時間で終了!お疲れ様。
気がつけばお昼時。おなかもすっかりペコペコ。
フィニッシュポイントから車でレストランに移動。冷たいおしぼりで、さっぱりして、インドネシア料理を頂きます。
サイクリングで、体を使った後のご飯ですから、めちゃくちゃおいしいですよ〜。


レストランからホテルまでは、車で送迎しますが、もちろん車中は熟睡タイムですね〜。


ここで注意点を。
南国の強い太陽光線、日焼け対策は入念にお願いします!日焼け止めや、サンプロテクトしっかり塗っておきましょうね。


こんな楽しいバリ島サイクリング、こちらのサイトにはたくさんのコースが紹介されています。
ご興味のある方、ぜひご覧くださ〜い。
バリ島サイクリングは自然と文化をゆっくり楽しむことができる、アクティビティです。