バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

夕日が美しいタナロット寺院

バリ島には、観光スポットが沢山あります。夕陽が奇麗なお寺、見事に手入れされたライステラス、美しい渓谷などなど・・・


今回は、バリ島に来たら必ず行ってほしい、タナロット寺院をご紹介します。

タナロット寺院はバリ島に沢山あるバリ・ヒンドゥー教の寺院の中でも重要で有名なお寺です。
場所は、クタやレギャンなどバリ島の中心部から車で30〜45分くらい西に行った海沿いの場所にあります。


ここのお寺は、海岸から100mくらい離れた海の中にある岩の上に建っています。満潮の時は、海の中にあるので近づけませんが、干潮のときには歩いて寺院まで行けます。ただし、ヒンドゥー教の教徒でなければ寺院に入ることはできません。


その代り、岩の下では地元のお坊さんが、どんな人でも希望すればお祈りをしてくれます。聖水をかけて、耳にお花をつけてくれます。ただし、お布施が必要ですよ。5,000〜10,000Rpくらいで大丈夫でしょう。


また、海岸の見晴らしのよい高台には、カフェが並んでいます。美しい風景を見ながら冷たい飲み物なんていいですね。ここの名物はココナッツジュース。割ったヤシの実から直接ストローで飲み、最後に果肉をスプーンですくって食べます。あと、クレポンというお菓子も有名です。草で色と香りをつけたお餅で中にヤシ砂糖のシロップが入っています。外側にはヤシの実のフレークがかかっていて、すごくエナッ(おいしい)


タナロット寺院が一番美しく見えるのは、絶対サンセット!寺院の向こう側に沈む夕日。真っ赤に燃える夕焼けの中にシルエットで浮かぶ寺院の姿はとてもロマンティック。
たくさんの観光客が訪れますが、「タナロット寺院のサンセットを見たカップルは分かれる」なんてジンクスもあるそうですから、ご注意ください。