読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バリ島ウブド便り

神々の棲む島・バリ島ウブドに在住のベベッがバリ島生活の中で体験した事や感じた事をまとめたブログです

ブログランキングに参加しています。こちらのボタンをポチッとお願いします。

ニュピが過ぎたら今度はガルンガン

先週の火曜日、3月28日はバリ島のお正月ニュピでした。
丸一日、外出や灯火の使用、労働が禁止され、静かで星空がきれいな一日でした。

ニュピの前はお供え物つくりとか、宗教行事が目白押しで、バリ人家庭はすごく忙しかったのですが、ニュピが終われば楽になるかな・・・

と思っていたら、今週の水曜日、4月5日はガルンガンの祭日です。
バリ人家庭は休む暇がありません・・・

ということで、今回はガルンガンについてご紹介します。

f:id:balitravel:20170403123648j:plain

<目次>

 

ガルンガンってなに?

ガルンガンは、「世の中の善が悪に打ち勝ったお祝いの日」といわれているバリヒンドゥー教の祭日です。
この日は天上界から神様や祖先霊が村の寺院や各家庭の家寺に降りてくるので、お供え物を備えたり、お寺などにお祈りに行きます。
ガルンガンの前には、各家庭でお供え物つくりが忙しく行われます。

このガルンガンは210日周期のウク暦という暦に沿って行われます。
つまり、1年に1回ではなく、210日に1回の行事で、年によっては1年で2回行われる場合もあります。

対して、先日行われたニュピは太陽太陰暦であるサカ暦に沿って1年に1回行われる神事で、毎年3月に行われます。

ニュピが過ぎたらすぐにガルンガンが行われると決まっているわけではなく、今年はたまたま、ニュピの一週間後にガルンガンの日が来てしまい、まさに「盆と正月が一緒に来た」状態となっています。

 

ガルンガンのときの町の様子

ガルンガンの祭日をよく日本のお盆に例える事がありますが、まさしくその通りで、ガルンガンの日は自分の実家のお寺や家寺にお参りに行くため、お休みを取って帰省する方が多くいます。

f:id:balitravel:20170403123646j:plain

ガルンガンの数日前から、各家庭の前にはペンジョールという竹でできた飾り物が置かれます。
これは、霊峰アグン山を表したものとも言われ、このペンジョールを目印に、祖先霊が家寺に降りてくるといわれています。
ウブドやサヌールといった歴史ある街では、通りの両側にこのペンジョールがずらっとならび、バリ島らしい風景を見ることができます。

また、普段はひっそりとしている村のお寺もきれいに飾りつけられ、ガルンガン当日は朝から多くの参拝客が訪れる、華やかな場所となります。
たとえていうなれば、日本の初詣のときのようですね。

街中にはお参りを済ませた人たちが、民族衣装を着たまま、行き来をし、特別な日ということが実感できます。

(注意)
ガルンガンはバリヒンドゥー教の宗教行事ですので、バリヒンドゥー教以外の方はガルンガンのお祭りは行いません。
そのため、非バリヒンドゥー教徒の多いエリアでは、ペンジョールも立てなければ、お寺もないので、拍子抜けするかもしれませんので、ご了承ください

 

観光地の様子

ガルンガンの祭日では、ニュピのような外出禁止や灯火使用の禁止ということはありません。
観光客の多いエリアのホテルやレストラン、スパなども、通常とまったく変わらず営業をしています。

ホテルなどのスタッフの中には、ガルンガンの時に休みをとって実家に帰る人もいますが、シフトのやりくりでお客様には迷惑にならないように対応しています。

ですので、ガルンガンといっても観光客への制限はほとんどないといえます。

 

ただし、ウブドエリアだけは、ちょっと勝手が違います。
ホテルなどの宿泊施設は通常通り営業していますが、家族経営の小さなお宿の中には、スタッフが足りずに掃除などのサービスが遅くなるところもあります。

また、ワルンという小さな食堂やカフェの一部では休みになるところもあります。

街中にいるトランスポーターの数も少なくなります。

ほとんどの観光エリアは、ガルンガンといっても、それほど影響はありませんがウブドエリアだけは、お店が閉まったりしていることがあるので、ご注意ください。

 

まとめ

  • 4月5日(水曜日)はガルンガンというバリヒンドゥー教の祭日です
  • 街中にはペンジョールという竹の飾り物が並び、普段とは違ったバリ島を見ることができます
  • ほとんどの観光地ではそれほど影響はありませんが、ウブドなど一部エリアではお店が閉まっていることもあります。

バンドゥンのおやつチロック(CILOK)

筆者の家の近所にIndomaret(インドマレット)という大型のコンビニがあるのですが、毎晩そこに人だかりができます。

なんだろうと覗いてみると、小さな屋台が出ていました。

今日は、この屋台についてご紹介します。

f:id:balitravel:20170324102845j:plain

 

<目次>

 

チロックとは?

大人気の屋台ですが、チロック(CILOK)という食べ物を売っています。

f:id:balitravel:20170324102844j:plain

調べたところ、チロックとは、西ジャワ州バンドゥン(Bandung)の食べ物だそうです。

魚のすり身や小麦粉、片栗粉(タピオカ粉)とにんにくなどを混ぜて、ゆでたお団子のようなもので、甘辛いピーナッツソースをかけて食べます。

さらにチロックを揚げたチロック・ゴレンというものもあるそうです。

クックパッド・インドネシアに作り方がありました(インドネシア語です)

cookpad.

ブログなどを検索すると、バンドゥンではポピュラーな食べ物で、夜食やおやつなどでよく食べられているそうです。

 

買ってみた

このチロックですが、バンドゥンの食べ物ということで、あまりバリ島では見たことがありません。
ジャワ出身の友人に聞いたら、すごくおいしいというので、買ってみました。

f:id:balitravel:20170324102843j:plain

屋台は、バイクの荷台に取り付けた小さなもので、片側に大きなお鍋が取り付けられています。

お鍋はガスレンジで暖められており、蓋を開けるとお団子がたくさんありました。
ネットで調べるとチロックは2~3cm程度の小さなお団子ですが、この屋台にはもっと大きなサイズのお団子もありました

 

f:id:balitravel:20170324102841j:plain

5,000ルピア(約45円)分頼むと、ビニール袋にいろいろなサイズのチロックを入れ、お鍋の中から煮汁をちょっとかけてくれます。

f:id:balitravel:20170324102840j:plain

そこに、ケチャップマニス(甘いソース)を入れます

f:id:balitravel:20170324102904j:plain

さらに、濃いオレンジ色のピーナッツソースをかけます。

このピーナッツソースはピリ辛で、先に入れたケチャップマニスと混ざり、甘辛いソースとなります。

さらに辛いのが好きな方は、チリソースだけ追加してもらえます。

これで、一人前5,000ルピア(45円くらい)です。

 

食べてみた

f:id:balitravel:20170324102903j:plain

家に帰り、お皿にあけて食べてみました!

小さなお団子(チロック)は、魚のつくねのような感じで、もちもちしていました。

また大きなお団子は中に鶉の卵が入っていました。

それと、半透明で、もちもちしているものもありましたが、正体不明(!)でした。

あじは、かかっているピーナッツソースの甘辛い味が強く、チロック自体にはあまり味がついていないようでした。

 

このチロックは、バリ島の食べ物ではないので、バリ島で見ることは少ないかと思いますが、有名なバクソーとはまた違って、おいしいおやつですので、機会があればぜひトライしてみてください。

バティックだけじゃない、バリ島の布事情

バリ島のお土産として、布を買われていく方も多いかと思います。

バリ島の特産の布といえば、バティック・・・
と、思いがちですが、実はバティックはバリ島特産というわけではないんですよ。

ということで、今回はバリ島の布事情についてお話したいと思います。

 

<目次>

 

バティック

まず最初に、一番有名なバティック(Batik)について説明します。

f:id:balitravel:20170318173030j:plain

バティックとは、ろうけつ染めのこと。
布に、ロウで模様を書き、染料につけて布を染めます。
布が乾いたところで、ロウを落とすと、ロウを塗ったところは染料が染み込まないので、模様として残ります。

ロウを塗る→染料で染める→ロウを落とす
この工程を何度も繰り返したものが、バティックと呼ばれる染物です。

このバティックはインドネシアだけでなく、世界各地で見られる染物で、インドネシアでもバリ島以外の多くの島で作られています。
特に、ジャワ島のソロがバティックの産地として有名で、バティック好きな方はソロまで気に入ったものを探しにいくこともあるそうです。

 

バティックの種類(製法による分類)

バティックですが、その製法によって大きく4つに分けられるそうです。

手書きバティック

職人さんがチャンティンという専用の道具を使い、溶けたロウを直接布に手書きしていく製法で、熟練の職人さんでなければなかなかできない方法です。

型押しバティック

専用の型(チャップ)に溶けたロウをつけ布にスタンプして模様をつけていく製法で、手書きよりも簡単にできますが、熟練した職人でなければいいものはできないそうです。

コンビネーションバティック

手書きと型押しの製法をミックスしたものです

プリントバティック

サブロナンと言われている製法で、いわゆるスクリーン印刷です。
ロウを使った製法ではないので、厳密にはバティック(ろうけつ染め)とはいえませんが、伝統的なバティック柄を使ったり、自由なデザインの現代的なものも多くあります。

 

お値段は?

バティックの値段は、製法や図柄の細かさ、染めの回数などによりかなり変わってきますが、手書きバティックがもっとも高価になります。
手書きバティックの中には、熟練の職人さんが何ヶ月もかかって作るようなものもあり、そうなると、何十万円もするそうです。

一番安いものはプリントバティックです。
確かに、ロウを使っていないのでバティックとは言えないかも知れませんが、安価で気軽に買えるので、お土産としてはこのプリントバティックがいいかと思います。

どこで買うの?

バリ島では、お土産やさんやショッピングモールなどでバティックの布やバティックを使った服などが手に入ります。
サヌールの北にあるトパティという村が昔からバティックの村として有名で、多くの工房やお店が並んでいます。
工房ではバティック製作の見学や体験もできるので、興味があればトパティの工房に足を運ばれてはいいかと思います。

 

イカット

f:id:balitravel:20170318173027j:plain

イカット(Ikat)とは、いわゆる絣織物のことです。
絣は、模様をつけて染めた糸を縦糸(または横糸)に使った染織物で、糸の染め模様によって、織り上げた布に模様が現れます。

このイカット技法はインドで生まれて東南アジアに広く伝わったそうで、バリ島では東部エリアのクルンクンやカランガッサムにイカット織りの工房が多くあります。

バティックに比べイカットのほうがバリ島特産というったイメージが強いので、最近はバリ特産のお土産として買い求める旅行者も増えています。

どこで買うの?

イカットはバリ島内のショッピングモールやお土産やさんでも売られていますが、やっぱり本場と言うとクルンクンになると思います。

クルンクンのスマラプラ宮殿(クルタゴサ)の前にあるクルンクン市場には、周囲の工房から集まったイカット布がたくさん売られていますので、こちらで探されるのがいいでしょう。

 

グリンシン

f:id:balitravel:20170318173029j:plain

グリンシンとは、イカットの一種でダブルイカットとも呼ばれています。

一般的なイカットは、縦糸(または横糸)のみ模様を染めた糸を使うシングルイカットですが、グリンシン縦糸も横糸も模様を染めた糸を使うダブルイカットになります。

このダブルイカットの布を作っているところは世界でも数箇所しかなく、バリ島東部のトゥガナン村のほかには、インドのパトラ、そして日本の大島紬が有名です。

縦糸、横糸とも模様がついていて、それを組み合わせて布に模様を出すので、その工程は大変複雑で製作には長い時間がかかります。
そのため、お値段も高価で、上の写真の布で二百万ルピア(約2万円)以上と言われました。

どこで買うの?

グリンシンは大変貴重な布なので、バリ島と言えどもあまり出回っていません。

バリ島内でもグリンシンを作っているのは、トゥガナン村だけですので、こちらで探すされるといいでしょう。
また、クルンクン市場にも少量ですが出回っているそうです。

 

ソンケット

f:id:balitravel:20170318173026j:plain

ソンケットとは浮織物のことです。

布を織る際に、金糸、銀糸、色糸を織り込むことにより、模様をつけた織物で、模様部分が立体的に現れることから浮織物と呼ばれています。

立体に浮き出た模様が大変美しく、華やかなことから、タペストリーやベットライナー用に購入される観光客も増えています。

どこで買うの?

ソンケットの本場はカランガッサムのシデメン村です。
村内には、多くの工房もありますので、ぜひ一度足を運ばれるといいかと思います。

評判の激辛ラーメンを食べてみた

最近、スーパーマーケットやコンビニで見かける「激辛ラーメン」

インドネシアの製品ではなく、日本の日清の製品。
ただし、Made in Japanではなく、日清のインドネシア工場で作っているらしい。

この激辛ラーメン、結構おいしいという評判を聞いたので、ちょっと作ってみました。

f:id:balitravel:20170311122928j:plain

<目次>

 

さっそく、買ってみた

今回は近所のコンビニ・インドマレットで購入しました。

激辛ラーメンには3種類あり、上の写真右から

  • 激辛ラーメン・ゴレン(焼きそば)
  • 激辛ラーメン
  • 激辛ラーメン・ゴレンシーフード味(焼きそば)

となっております。

この激辛ラーメンには、普通のラーメンが1種類と焼きそばが2種類あるようです。
一般的にインドネシア語では焼きそばのことはミーゴレンといいますが、この激辛ラーメンは、なぜかラーメンゴレン(Ramen Goreng)となっていました。

今回購入したのは

f:id:balitravel:20170311122927j:plain

こちらの激辛ラーメン・ゴレン・シーフード
Rp5600(50円くらい)でした。

 

ちなみに

f:id:balitravel:20170311123043j:plain

こちらが昔からあるインドミー(IndoMie)のミーゴレン。
インドミーのミーゴレンはRp3500(30円ちょっとくらい)ですので、激辛ラーメンは1.5倍以上の値段になりますね。

 

作り方はこちら~

f:id:balitravel:20170311122926j:plain

袋の裏にインドネシア語と英語で作り方が書いてあります。

それによると、インドネシア式の作り方と日本式の作り方があります。

インドネシア式作り方

インドネシア式作り方は、まずお水500ccをおなべに入れ沸騰させ、そこに乾麺と一緒に入っている乾燥具材を入れます。
約3分間煮て、麺がやわらかくなったら、ざるにあけてお湯を切ります。

お湯を切った麺と具をお皿に盛り、袋に入っていた粉末スープと辛味オイルをかけ、よく混ぜて完成です。

 

日本式作り方

日本式作り方は、お水250ccをフライパンにいれ沸騰させ、そこに乾麺と乾燥具材を入れます。火は中火くらいがいいでしょう。
麺をほぐしながら焦げ付かないようにかき混ぜ、お湯が蒸発してなくなったら、粉末スープと辛味オイルをかけよく混ぜます。

よく混ざったら、お皿にとって完成です。

 

実際に作ってみました

今回は、日本式で作ってみました。

f:id:balitravel:20170311122924j:plain

袋の中には、乾麺と乾燥具材、粉末ソース、辛味オイルが入っています。

 

 

 

f:id:balitravel:20170311122923j:plain

フライパンに水250ccをいれ沸騰させ、そこに乾麺と乾燥具材を投入。

そのまま、しばらく置いておきました。

f:id:balitravel:20170311123046j:plain

次第に麺が水分を吸って柔らかくなってきたので、お箸を使って麺をほぐします。
この時点では、まだ麺が固く、またフライパンの中にお湯が残っています。

このまま、焦げ付かないようにかき混ぜていくと、麺も柔らかくなり、水分も減っていきます。

f:id:balitravel:20170311123001j:plain

麺が十分柔らかくなり、水分もほとんどなくなったので、粉末スープと辛味オイルを投入。

火はつけたまま、かき混ぜて、少し炒めました。

f:id:balitravel:20170311122959j:plain

粉末スープと辛味オイルがしっかりと混ざり合ったので、お皿にとって、完成です!

 

食べてみた~

完成した激辛ラーメン・ゴレンを早速食べてみました。

立ち上る湯気を吸い込むと、軽く咽てしまいます。
これは、かなり辛いのか・・・??

一口食べましたが、それほど辛味は感じません。
麺のもちもち感もあり、ソースのコクも感じて、おいしいです。
インドネシア産のミーゴレンとは、明らかに味も食感も違います。

それほど、辛くないな~、と思い食べ進めていくと・・・

ジワジワと辛さがやってきました。
半分くらい食べたところで、口の中は結構な辛さになり、うっすら額から汗も出てきました。

ここで、冷たいお水を一口
口の中の辛さが抑えられ、旨みだけが残ります。

口の中の辛さが減ったことで、また一口
辛い・・・でもうまい・・・

こうして、汗をかきつつ、完食です。

 

インドネシア産のインスタントミーゴレンに比べて値段は少し高いのですが、それだけ払っても、十分価値のあるものだと思います。

辛さは辛味オイルで調整ができます。
辛いのが苦手な方は辛味オイルを控えたらいいかと思います。

また、ケチャップマニス(甘辛いソース)をかけて、辛味を調整してもいいかなと思いました。

それと、麺と一緒に炒めた具材は、どこにいちゃったの?ってくらい存在感がありませんでしたので、お好みでキャベツなどを追加で入れてもいいかなと思います。

 

この日清の激辛ラーメンはインドネシアの工場で作られていて、日本では発売されていないようです。
日清のサイトを調べたら「とんがらし麺」というカップめんはありましたが、バリ島のような焼きそばはなかったようです。

それほど高いものではないので、バリ島にこられたら、お土産にいいのではないかと思います。

 

 

バリ島サンラー病院に行ってきました

海外旅行中の病気や怪我・・・

ちょっとした事だったらいいのですが、場合によっては専門医の診察、治療が必要なんてこともあります。

バリ島内には、多くの病院や診療所があり、クタやヌサドゥアには日本語通訳がいる国際病院(インターナショナルホスピタル)もあります。

しかし、そのような病院や診療所では対応できないような場合、デンパサールにあるサンラー病院(RSUPS-Rumah Sakit Umum Pusat Sanglah-Sanglah Hospital)に行くことがあります。

サンラー病院は、バリ島の中でももっとも大きな総合病院で、病室も多く、専門医もたくさんそろっています。

あまり頻繁に行くところではありませんが、今回は友人がこのサンラー病院に入院しているのでお見舞いに行ってまいりました。

f:id:balitravel:20170304170826j:plain

 

<目次>

 

サンラー病院とは

サンラー病院とは、デンパサールにあるバリ島でもっとも大きな総合病院で、一般のお医者さん(Dokter Umum)のほかに、数多くの専門医(Dokter spesialis)がいます。

インドネシアの場合、医大で4年間の勉強をすると、医師免許が取れるそうですが、この場合は一般医(Umum)の資格になります。
そこからさらに2年間の専門の勉強をして専門医(Spesialis)になるそうです。

街中にある病院には通常一般医しかおらず、時々サンラー病院など大きな病院に勤めている専門医が来て、専門の診察、治療を行うそうです。

病気や怪我で街中の病院にいくと、まず一般医が診察、治療をし、一般医では対応できないような場合は専門医が専門的な治療を行います。
風邪や軽い怪我など、一般医で対応できる事でしたら街中の病院でいいのですが、ちょっと難しい病気、怪我になると、サンラー病院に行くほうがよいと言われます。
サンラー病院なら多くの専門医が24時間体制で待機しているので、すぐに対応してくれるそうです。

実際、私がサンラー病院に言ったとき、BIMCなど街中の病院の救急車が患者さんを搬送してきました。

私の友人も、最初はマス村にあるローカルの病院(Ari Canti Hospital)に入院していましたが、専門的な治療が必要ということで、サンラー病院に転院してきたそうです。

 

サンラー病院は巨大病院でした

初めてサンラー病院にいったのですが、これがとても巨大な病院でした。

建物は、バリ風の重厚なつくりで、歴史を感じる建物でしたが、内部にはCTスキャンをはじめとした診察器具や治療室、病室などがたくさん並んでいました。

f:id:balitravel:20170304170849j:plain

バリ島では15m以上の建物は建てられない(法令で決まっています)ので、どうしても建物の数は多くなってしまいます。

f:id:balitravel:20170304170824j:plain

また、バリ島では患者さんの家族や親戚が24時間付き添うのが通例となっています。
多くの付き添いの方が、病院内で寝泊りしているので、敷地内にはミニマート(売店)が何軒もあり、入院に必要なもののほかにも、お菓子や、付き添い者向けのお弁当(ナシブンクス)もたくさん売られていました。

また、喫茶室や銀行窓口もあり、病院というより、ひとつの町のようでした。

f:id:balitravel:20170304170823j:plain

日本でもそうだと思いますが、病室にはいろいろなランクがあります。
一番下のランクの病室は4人部屋。
その上が3人部屋、2人部屋となり、1人部屋はVIPルームと呼ばれています。

VIPルームには通常のVIPのほかにV-VIP、VV-VIPとさらに高いランクの部屋があり、ランクが上がると、部屋も広くなったり、付き添い者のための待機部屋や応接室まであるそうです。

f:id:balitravel:20170304170851j:plain

今回友人が入院していたのはV-VIPルームという個室です。
この部屋がある建物は、病院というより、ちょっとしたホテルのようです。

f:id:balitravel:20170304170828j:plain

お部屋も広く、AC,薄型テレビ、テラス、シャワールーム、電動ベット、付き添い者のためのソファーベットも完備しています。

f:id:balitravel:20170304170827j:plain

さらに、毎日アクアボトルやコーヒー、紅茶、新聞が出て来るそうで、本当にホテルのようでした。

ちなみに、こちらの病室代ですが、3食+10時と3時のおやつ、それに医師の診察費、薬代などを含み、1泊Rp1,250,000(約1万円)だそうです。
ただし、特別な治療や薬、CTスキャンなどの検査が加わると、追加料金がかかるそうです。

友人になんでこんないい部屋にしたのか?と聞いたところ
本当は、個室のVIPルームに入りたかったけど、VIPルームが満室で、このV-VIPしか開いていなかったそうです。

幸い友人は保険に入っていたので、全額ではないのですが半分以上は保険会社が負担してくれるので、まだよかったと言っていました。

 

もしバリ島で病気や怪我をしたら

できたら避けたいところですが、万一、バリ島旅行中に怪我や病気になったら・・・

まずは、近くの病院や診療所に行きましょう。

クタ、スミニャック、ヌサドゥア、ジンバラン、サヌールなど南部ビーチエリアに滞在している場合は、以下のインターナショナルホスピタルなら日本語の通訳さんもいるので安心して治療してもらえます。

 

タケノコ診療所

Jl.Sunset Road No.77A Ruko No1,Kuta
Tel:0811399459(Japanese Line)

www.takenokogroup.com

 

BIMC Hospital

BIMCは、クタのバイパス沿いとヌサドゥアの2箇所に病院があります

http://bimcbali.com/

 

Kasih Ibu Hospital

www.kasihibuhospital.com

 

ウブドエリアの場合、近くに日本語が通じる病院はありません。
上記のビーチエリアのインターナショナルホスピタルに行くか、マス村のアリシャンティ・ホスピタルに行くことになります。

 

Rumah Sakit Ari Canti

Jl. Raya Mas, MAS, Ubud, Kabupaten Gianyar, Bali 80571
0361-974573

こちらの病院には日本語がわかる人がいませんので、英語がわかる人や日本語ができるインドネシア人などと一緒に行くのがいいでしょう。

 

保険について

旅行中の怪我や病気の治療は、日本の国民健康保険が利用できます。
ただし、治療費はまず全額現地で支払い、日本帰国後に保険組合に申請して清算となります。もちろん、30%自己負担ですので、治療費の70%しか負担してもらえません。

上記で紹介したバリ島の病院は、日本の海外旅行保険に対応しています。
(保険会社によって、対応できないところもありますので、どこの保険会社の保険が対応できるか調べておくことをおススメします)
海外旅行保険ならキャッシュレスで治療できますので、旅行される際は海外旅行保険の加入を強くおススメします。